よく検討しよう

Posted by hamasaki on 3月 4, 2014 at 3:06 pm | Filled Under: | No comment

学生ローンでお金を借りると聞くと、誰でも決して良いイメージは持たないでしょう。
所詮、借金は借金だからです。
しかし、何でもかんでも全て借金がダメというものではありません。
借りる金額が、目的に見合った対価であれば、それは価値のある資産となります。
逆に、パチンコや海馬など、浪費にあたる目的で借りる場合は、無駄どころか身を滅ぼす原因となります。

そこで、学生ローンの申し込みにあたっては、よく検討をしなければいけません。
検討内容は、申し込みをする学生ローンの金利比較や、会社の信ぴょう性などはもちろんですが、その前にまずは今から借りようとしている金額が、本当にその価値があるのかどうか、これをよく考えてほしいのです。

最初にTOPページでも書きましたが、旅行などの場合は学生時代ならではの特権ですし、楽しい思い出作りの為の出費は意義のあるものです。
他では、免許証の取得や学費の支払い、家賃、光熱費、家具購入費、電化製品の購入費、病気やケガの治療費、入院費、通学のための交通費、冠婚葬祭費等々、例を挙げればキリがありません。
このような目的の場合、必ず世間一般的な相場があり、適切な価格設定の上に生活上、どうしても必要な資金ということになります。
よって、学生ローンで借金してでも支払う対価として、見合ったものと言えます。

対照的に、パチンコや競馬はどうでしょう?
説明するまでもありませんが、借りてまでやるものではありませんね。
資金に余裕がある人は別ですが、ギリギリの生活をする上では絶対に排除しなければならない危険な遊びです。

もっとやってはいけない事があります。
マルチ商法や投資ビジネスへの参加です。
マルチ商法は多くの人は、まず自分の周りの友人や身内の人間を巻き込んでしまいます。
パチンコや競馬は自分一人が損をするだけで済みますが、マルチ商法は友人や家族といった、大切な人の信用を失ってしまいかねないとても危険を伴うものなのです。
このような目的でお金を借りる行為は、ドブに捨てるよりもマイナスであるという事を認識する必要があります。
ドブに捨てるのは誰にも迷惑はかけませんから。

●やたらむやみに借りない
一度学生ローンを利用すると、慢性的になってちょっとした事でも借りてしまう場合があります。
例えば、友達との飲み会などの度に借りてしまう行為です。
友達の誘いだからついつい約束をしてしまうのもわかりますが、チリも積もれば山となります。
約束をする前に、自分の経済状況をよく考え、アルバイトは十分にやっているかなど、自分をもう一度よく見直すクセをつけるようにしましょう。